大阪・心斎橋のレコードショップ VOXMUSICへようこそ。


  • 新入荷アイテム
  • アーティスト一覧
  • カテゴリ一覧
  • レーベル一覧
  • ランキング


  • 新品
  • MONDO

Suthep Daoduangmai Band

ステープ・ダーオドゥアンマイ・バンド

Come My Brother, Let's Go To The City!

レーベル : Em Records
フォーマット : LP
税込価格 : ¥2,700 【 送料はコチラ→

レコード番号 : EM1149LP
プレス国 : JPN
リリース年 : 2016
レコード : N(新品)
ジャケット : N(新品)
商品ID : 1600716

SIDE-A
1. Come My Brother, Let's Go to the City! Part 1 (Kosin Intharat & Khanongsak Siudon)
2. Come My Brother, Let's Go to the City! Part 2 (Kosin Intharat & Khanongsak Siudon)
3. I'm a Billionaire (Kosin Intharat)
4. Lovely Molam Princess (Khanongsak Siudon)

SIDE-B
1. Big Mouth (Ubonrat Amphaiphon)
2. A Molam Girl Waiting for Love (Siriphon Amphaiphong)
3. I Know How this Ends (Ubonrat Amphaiphon)
4. Let's Meet in the Afterlife (Siriphon Amphaiphong)

「俺たち兄弟、都会を行く」。出稼ぎ帰りのステープ・ダーオドゥアンマイを中心に83年に結成。ダンサー含む総勢30人からなるバンドでタイ北東部イサーンで興業を打っていたところ、彼の地の大プロデューサー=ドイ・インタノンの目にとまり、デビュー盤として当時タイのメインの音楽メディアであったカセットテープでリリースされたのがこのアルバム(プロモLP盤も少量存在するらしい)。
革新的プロデューサー=ドイ・インタノンが推し進めた「より踊れるラム」=ラム・ペーンの流行に見事に乗っかった、低音の効いたファンキーなサウンド。優れたグループのデビュー・アルバムに必ず存在する「若さ」としか名付けようのない何かが眩しい、イサーン音楽珠玉の名盤。
このアルバムは大ヒットし、このアルバムで2曲歌っている女性歌手シリポン・アムパイポンは後にタイの国民的スターになったそうです。
SOI48による解説、日英歌詞対訳付き。


送料について

● 合計8,500円以上のお買い上げで送料無料!!
当日午後3時までにご注文いただければ翌日のお届けが可能です。
※クレジットカード支払、代金引換の場合に限ります。※一部地域を除きます。

北海道 ¥1,500
青森・岩手・秋田 ¥1,000
宮城・山形・福島 ¥900
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・山梨・長野・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 ¥800
富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口 ¥700
沖縄・離島 ¥1,800
お支払い方法
お問い合わせ