2008/09/01

Joe Bataan「Salsoul」、ケニー・ドーハム「Afro Cuban」などジャズ、ソウル人気タイトル再入荷!

Joe Bataan「Salsoul」、ケニー・ドーハム「Afro Cuban」などジャズ、ソウル人気タイトルアナログ盤大量に再入荷しました!
bataansalsoul.jpg
Joe Bataan/SalsoulMericana
NYラテン界の異端児、アフロ・フィリピーノ=ジョー・バターンが73年にMericanaからリリースしていた傑作LP。WAXPOETICSのジョー・バターン特集号でも、ラテン・ディスコで有名なSalsoul Recordは俺が作ったと豪語していましたが、このアルバムがその後のSalsoul Recordへの布石だったのでしょうか。60年代からサルサとソウルを繋げる音楽活動を行っていた彼にこそふさわしいタイトル=レーベル名だと思います。このアルバムのオススメはなんといっても”Latin Strut”!”Afro Strut”のリズムをさらに強力したかのようなキラー・チューン。
afrocubana.jpg
Kenny Dorham/Afro Cuban/Blue Note
ハードバップ期を代表する名トランペッター、ケニー・ドーハム最初のブルーノートでのリーダー作。第一期アシッド・ジャズ・ブーム期に再発見され、ダンス・ジャズ・クラシックとして未だにプレイされ続ける強力なアフロ・キューバン・チューン”Afrodisia”収録!パーカッションをフィーチャーしたオクテットでの演奏で、ポリリズム溢れるブレイキーのドラムとコンガの絡みが最高にファンキーです。

Read the rest of this entry »

「笑う鉄道」

tetsudo.jpg
中川家の弟(デカい方)監修の関西私鉄小ネタ集。
車掌の物まねなどでおなじみの中川家礼二がその類い希な鉄道マニアぶりを全力投入し、「この駅のホームはなんでこんなに傾いているのか」、「駅そばベストメニュー」などあまり役に立ちそうにもない知識を披瀝。どうでもいいといえばどうでもいいが、乗り物好きにはタマらん一冊です。やっぱり関西限定か?