2008/09/02

Bronx River Drive,Soul Cal新作2タイトルなど入荷しました!

NYのファンク・バンド、ブロンクス・リヴァー・パークウェイの新作が待望のアナログ・リリース!Soul Calの新作2タイトル、ブレイケストラのStonesthrow復帰シングルなど今週は粒ぞろいのタイトルが揃いましたー。
bronxriver.jpg
Bronx River Parkway/San Sebastian 152/Truth&Soul(LP)
レオン・ミシェルズやクインシー・ブライトらTruth&Soulのオールスターと、クワンティックとの共演でもおなじみカンデラ・オ−ルスターズが手を組んだスーパー・ユニットの1stアルバムが遂に登場!カンデラ・オールスターズのプエルトリコ・ルーツの演奏と、T&Sのユルくファンキーなサウンドが絶妙にマッチした、めちゃ心地よいアルバム。これが今のNYCのサウンドなんだろーなーという感じの傑作です!ロベルト・ロエナやコルティーホ、ティト・プエンテの70年代の作品が好きな方はもちろん、エル・ミシェルズ・アフェアあたりのファンク好きにも大スイセン!
mixed.jpg
Mixed Feelings/Sha-La-La -12”/Soul Cal(12″)

ofmystic.jpg

Sun Ra/Of Mythic Worlds/Philly Jazz/LP
サン・ラーのPhilly Jazzでの2枚目のアルバム。録音はおそらく79年。ディズニーの名曲を美しくもぶっ壊れたアレンジで料理した”Over The Rainbow”、アープ・シンセ、ムーグがスピリチュアルな”Mayan Temples”など、80年前後のサン・ラ音源に独特な宇宙サウンドがすみずみまで堪能できる傑作。「Lanquidity」や「Cosmos」あたりが好きな人には間違いない一枚です。

Read the rest of this entry »