2014/05/23

180 Proofの新作はMaulawi(マウラウィ)の未発表音源!

Larry Nozeroのレア盤、ケニー・コックス、サム・サンダーズの未発表音源など、デトロイト・ジャズの秘宝を発掘するシリーズの新作はマウラウィの未発表セッション!1973年、ストラタからリリースされた彼のリーダー作と同時期の録音で、”Maiden Voyage”、”People Make The World Go Around”などカヴァー曲の選曲からも期待が膨らむ内容です。サンプル音源も公開されていますので是非チェックしてください。

例によっていろんなパターンがリリースされるみたいですが、黒ヴァイナル・180g重量盤が一番お値打ちかと。あとでお値段お安めな通常盤2枚組も出回りますが、重厚な厚紙見開きジャケはやはり値打ちあると思います。

CDは昨年末にリリースされてますが遅れに遅れてようやくアナログ盤が登場。6月中旬に入荷する予定です。早くレコードで聴きたい!

maulawi_front_sticker_preview_f063ee94-14fc-461a-9eae-1fed50f02fa4_1024x1024

現在品切れ中の180 PROOF/STRATAのバックカタログも同時に再入荷予定。でも何故かサム・サンダースだけ売れ残ってる。。内容はめっちゃイイので未聴の方は是非!

1368004727-13832
Kenny Cox(ケニー・コックス)Clap Clap! The Joyful Noise -2LP

1372662213-10089
Larry Nozero(ラリー・ノゼロ)Time (180g) -2LP

1378102214-26406
Sam Sanders(サム・サンダース)Mirror Mirror (180g) -2LP

Ray Terrace レイ・テラス Home Of Boogaloo

Ray Terrace Home Of Boogaloo

Ray Terrace  レイ・テラス  Home Of Boogaloo

キャピトルの傍系レーベル、Towerに録音されていたラテン~ソフト・ロックの大名盤!いまや懐かしきサバービア誌を中心とした渋谷系のシーンでビッグ になったファン垂涎の一枚です。全曲素晴らしいんですが、やはり”I Make A Fool Of Myself”が 最高!フランキー・ヴァリが歌ったブルー・アイド・ソウルの名曲をソフトかつグルーヴィにリアレンジ!原曲のバタ臭さから遠く離れた最高のヴァージョンで す!!その他、ラテン・ジャズの名曲”Manteca”のカヴァーやオシャレなブーガルー”You’ve Beeen Talking’ ‘bout Me Baby”など聴けて踊れるイイ曲ばかり。

SIDE-A
1.You’ve Been Talking’ ‘bout Me Baby
2.Wade In The Water
3.I Make A Fool Of Myself
4.Get On Up
5.Manteca

SIDE-B
1.Listen To Me
2.Wiggle Waggle
3.Michele
4.Half Way Down
5.There Is A Mountain

, , ,

L’orchestre Kanaga De Mopti / Kanaga De Mopti

L'orchestre Kanaga De Mopti Kanaga De Mopti

L’orchestre Kanaga De Mopti  / Kanaga De Mopti

マリ北東部に位置し、「マリのベニス」と呼ばれる美しい街Moptiで活動したグループ、Kanaga De Moptiの77年のアルバム。これぞマリ・ミュージックの最良の部分と言うべき、ポリリズミックなリズムと複雑なチャント、美しいギターの音色には感動 します。それに加えてこのグループはホーンもフィーチャーしていてファンク要素もあり。アフリカにはこんなレコードが存在していたんだなーと感嘆してしまうほどの完璧さ。名盤です。

SIDE-A
1.Kulukutu
2.N’do N’do
3.Sare Mabo

SIDE-B
1.Kanaga
2.Gambari: Signifie I’herbe Verte
3.Sory Bamba

,